『オーディーン 光子帆船スターライト』音楽集未使用リストと使用曲リスト
気付けば、新年が始まってもう三か月が経とうとしている。
何かとバタバタしていたが、実はこれまでやろうと思ってやれていなかった西崎義展さんが関わった作品の音楽関連におけるまとめ、資料作成をしていた。
以前ヤマトの音楽関連の年表を「ヤマト音楽史集」としてまとめたが、それとは別に同形態にて「西﨑作品音楽史集」という名目でまとめてみた。別にまとめたのはヤマトと一緒にしてしまうとややこしくなってしまうという事からだ。

さて、今回1985年に劇場公開された『オーディーン 光子帆船スターライト』の音楽集より未使用曲はどれなのか?という声を幾つかいただいていたので、まとめてみたので音楽を楽しむ上での参考になったら幸いである。尚、聴き方によっては少々曲数が減る事もあるが、個人的な見解は以下の通り。(一切の転載等を禁止とします)


【オーディーン 音楽集1】
空間要塞体ベルゲル
スクランブル
スターライト号の反撃
あきらのテーマ
サイバネスティ・ユニットの悲劇
オーディーン星

【オーディーン 音楽集2】
CONTACT!!スターライト号発進
ターミネーター
THE WAR-大戦争-
光子帆船スターライトⅡ
オーディーン星への想い

【オーディーン 音楽集3】
大要塞の出現
空間要塞体ベルゲル
スクランブルⅡ
アースゴードのテーマ
サスペンス
ベルゲルの苦悩
ベルゲルロボット兵士の行進
歪曲点突入
歪曲点通過
GOTTA FIGHT



きっと、想像以上に多い事に驚かれた事と思う。
併せて、『オーディーン 光子帆船スターライト』と同時期に発売された『バース・オブ・スターライト』の使用曲リストを載せておく。
モザイクが掛かっている部分は未収録曲。これは内容ではなく感じていただければ。(モザイク部分は現状、公開しません)
こんなにも未収録曲、そして音楽集からの使用曲が少ないという事を。

オーディーン使用曲リスト

今年は『オーディーン 光子帆船スターライト』生誕35周年!
ヤマト会議


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします!!ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします!!ランキングに参加しています。クリックをお願いします!!
ブログランキングに参加中。クリックをお願いします!!



スポンサーサイト



宇宙戦艦ヤマト復活から10年
君は覚えているか!

f-P1220077.jpg

ドキドキしながら初日に劇場へ足を運び、行列が出来ていてすごいと思ったら、ONE PIECEの行列だったあの、どこか懐かしくも印象深い作品。

本日で劇場版『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の上映から10年が経った。
・・・よりも、経ってしまったのが正直なところです。

この作品から、今年完結した『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』、来年の秋に公開予定の『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』へ至るきっかけとなった重要な作品になりました!
まさにヤマトが26年もの沈黙から見事“復活”された作品こそが『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』なのです。

ヤマト音楽の面からもこの作品をきっかけに、“復活”したのでした。
宇宙戦艦ヤマト 復活篇』をきっかけに「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」が25年ぶりに収録、また初演から25年ぶりの再演も10年前の2009年に実現に至ったのです。
記憶に新しい1年前の8月に川崎で再演され、今年に発売された新録の「交響曲 宇宙戦艦ヤマト」もまさにこの作品企画無くしては実現しなかったものなのです。

この記事の一番上に載せている写真は、『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』関係のCDたち(歌ものを除く)。
全部お持ちの方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
本来、これらについて色々と書いてみたかったところですが、多忙という事もあって時間が取れず、サイトや同人誌等での機会に書こうと思っています。

そして、後に約3年間に渡って日本コロムビアよりリリースされた「YAMATO SOUND ALMANAC」シリーズも『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』があったからこそ実現出来た企画と言ってもいいと思います。

そんな今日は、まさに10年を迎えた『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』に想いを馳せたのでした。
個人的に『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』は想い入れが沢山詰まった大切な作品です。

宇宙戦艦ヤマト 復活篇』が無かったら、今の自分は無かった事でしょう。
そして、多くの縁も。

ありがとう

f-DSC01589.jpg
ヤマト会議


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします!!ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします!!ランキングに参加しています。クリックをお願いします!!
ブログランキングに参加中。クリックをお願いします!!



気付いたら・・・
この頃ブログを書き続けているような気がします。

でもきっと、またお休みすると思いますが。(苦笑)

以前、目標を定めてづらづらと書いていたものの、結局のところ自分でやらされ感を感じてしまい、書くのが苦になってしまい暫くの間ブログをお休みしてしまった経緯があるので、マイペースに書きたい時に書こうと決めましたので。

さて、気付いたらもう12月という2019年の終わりが近づいている。
今個人的にまとめている「ヤマト音楽史集」を見ると今年に何があったのか一目瞭然!
ヤマトが中心な人間なので、恥ずかしながらこれだけで振り返るのに十分なのです。(苦笑)

今年は何でも『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』が最終章を3月に迎えた年だった事に既に遠い昔感を感じています。(驚)
それに『羽田健太郎:交響曲 宇宙戦艦ヤマト』の発売もあって喜びに溢れていたような気がします。
また5月4日には去年と同じく、『ラジオ・スイート さらば宇宙戦艦ヤマト』の放送をやったりと何かとヤマト絡みの出来事があったんだと、これまた不思議な感覚が。
ラジオは本当に色んな意味で今年も有難がったですね!
それから11月の「『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』4Kデジタルリマスター版」もご縁あって、制作協力と何かと有難い事だらけでした。

2月と12月には久々に「ヤマト音楽集」名義によるヤマト音楽オフ会も出来たし、本当感謝ばかりです。

そして親しい方の結婚式が2回と、本当に幸せをも分けてもらえました。
いつかは幸せを分ける側になりたいなと思いつつ。

年末は宮川彬良さんによるコンサート「宮川彬良 VS 新日本フィルハーモニー交響楽団 コンチェルタンテ・スーパー 超!ジルベスター・コンサート2019→2020」が控えています。
この日は、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』のパイプオルガンを収録したすみだトリフォニーホールにてヤマト音楽史において初の試み「オルガン・コンチェルト」(オルガン協奏曲)がお披露目されますから今年最後の楽しみはこれですね!!

それから今年は久々に帰ってきたワールドウィッチーズシリーズの「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」が放送開始した年でもあって、来年には同シリーズの「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」の放送が控えているのもまた嬉しい。
それと13年ぶりに帰ってきたドラマ「まだ結婚できない男」も嬉しかった。今度の放送で最終回を迎えるのが残念だけど。(涙)
・・・今度こそ、早坂先生とちゃんと結ばれないかな。。。

あとは気になっていたアニメ『おにいさまへ』がYouTubeで無料公開されたのも嬉しい!
色々とスゴい作品なんだけど、どこか惹かれて、先が気になって仕方がない。(^^;
あとね、ずっと気になっていたアニメ『宝島』の音楽CDとDVDを遂に買ってしまった。
そうだ!そうだ!!『天気の子』も観ました!!(流行りに乗れた)

・・・と何だかんだ色々とあったんだなと思った。

反面、不幸というかそんなようなことが色々とあったのも今年でした。
挫けそうに、挫けた事も正直、多くありました。
何かと忙しかったりとで、今年の事がまるで遠い昔のようで。
来年こそは色んな意味で、幸せな事が多いといいなと思います。

ちょっと年末チックになりましたが、きっと気分が乗らないとこういう事も、そもそもブログに書かないから書きたいと思った今ずらずらと書いてみました。
そうだ、サイトも薄い本も進めたい!!
頑張れ自分!!

追伸▽
先日書いた『「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 ソノ・トキ・キミ・ト-Close to you tonight-』の記事がここのブログを始めて、500記事目のものでした!
そんなに書いていたっけ?と思いましたが、そもそもこのブログを始めてから気付いたら11年もの年月が経っていました。(驚)
そりゃ、それぐらいいきますね。(苦笑)
年月の流れって残酷だ。
ヤマト会議


ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします!!ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします!!ランキングに参加しています。クリックをお願いします!!
ブログランキングに参加中。クリックをお願いします!!



ヤマト音楽集


SEO対策:写真 SEO対策:音楽 SEO対策:クラシック音楽 SEO対策:ポケモン SEO対策:宇宙戦艦ヤマト